希望条件から仕事を探す

給与が高め

看護師さんの希望条件の中に、給与が高めというものがあります。給与は良いに越したことはない、というのは皆さんの率直な気持ちですよね。しかし、給与が高めの看護師さんの職場というのがピンときにくいものです。看護師さんの場合、変動給によって大きく給与が変わってくるということに注目しました。

こんな職場がおすすめ 脳神経外科・循環器科等の専門分野に特化したオペ件数の多い急性期病院

イラスト
おすすめポイント

総合病院は幅広い分野でのスキルアップが可能な職場です。経験の浅い看護師?管理職・認定看護師などを目指す、経験豊富な看護師まで、様々なステージの看護師さんにお勧めできます。

求められるスキル

脳神経外科・循環器科等の専門分野は、患者さんの急変時や急患の対応などバタバタと走り回ったり、臨機応変な判断力が必要なケースが多いです。忙しい分給与が高いということですね。基本的には、特定のスキルよりも若さと元気が採用時の基準になるケースが多いですが、転職の場合外科系の病棟や救急外来、心カテなど経験があるとより採用されやすくなります。

業界最大手「ナース人材バンク」で給与高めの求人をチェック

こんな職場がおすすめ 夜勤専従での正社員雇用がある民間の小・中規模病院

イラスト
おすすめポイント

看護師さんの場合、最も簡単に収入をアップさせる方法が夜勤に入るということです。病院では基本的に交替勤務で日勤と夜勤がありますが、最近は日勤のみの勤務を希望する看護師さんが増えており、それに併せて夜勤専従の勤務も増えています。夜勤専従の正社員であれば月10回程度の出勤で月収40万程度になりますよ。

求められるスキル

大規模な病院では、日勤のみ夜勤のみという正社員の採用がほとんどないため、中小病院がメインとなります。あまり、夜間の救急が多くない、比較的患者さんの入院サイクルが長めの一般病院、もしくは慢性期病院が多いです。

病棟も混合病棟がほとんどなため、内科系・外科系問わずに、いろいろな経験がある看護師さんが望まれます。夜間は看護師数が1病棟1?3名体制と数が少なくなりますので、経験がないと不安、ということもありますね。

業界最大手「ナース人材バンク」で給与高めの求人をチェック

まとめ

イラスト看護師さんが給与が高めの職場で勤務しようとすると、収益性の良い診療科目の専門病院で勤務をするか、夜勤のみで正社員で仕事をするかです。
どちらにしても残業代や夜勤手当などの変動給が給与に大きく影響します。


このページのトップへ
このページのトップへ