サイト情報

著者 自己紹介

著者

当ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。私は看護師さんの転職支援を行いながら、産業カウンセラーとしての活動も行っています。私の職歴を見ていただければ分かると思いますが、私自身が短期間での転職を繰り返した経験があります。転職にとって得るもの、失うものを自分自身が体感し、痛感しています。

そんな私だからこそ、看護師さんの早期退職に対して真剣に向き合えると自負しております。私と関わることで、元気に仕事ができる看護師さんが増えることを願っています。

転職を検討している看護師のみなさんへのメッセージ

「転職」は「職が転ぶ」と書きます。あまり縁起のよい言葉ではないですよね。しかし、転職というものは今までの職をリセットして、新たに一からスタートするものです。「積み上げた職を転がし、また一から積み上げていく」ことが転職です。

看護師さんの場合、転職する場合でもそれまでのスキルを活かせるケースが多いため、転職によってリセットされるケースは少ないと思います。しかし、少なくとも転職することで、築き上げた職場での人間関係や信頼はリセットされ、新たな職場で一から築き上げることになります。

もちろん、転職で得られることもありますので、転職が悪いということではありません。それだけ、重大なこととという認識をもって転職活動を行っていただければと思います。

最後に転職する際は、「自分で決断する」ようにしてください。家族や友人、転職エージェントと人に関われば関わるほど、いろいろな影響を受けます。しかし、誰かの影響で転職を決める、もしくは転職先を決めると、まさに「職が転がされる」状態になってしまいます。

自分自身の意思や考えを整理し、自分の決断で転職先を決定することで、初めて得られるものがあるのです。

転職するからには、転職前の満たされていない部分が解消されなくてはいけません。転職を考え始めた時に、転職後の自分を思い描いたはずです。その自分が転職のゴールなのです。あなたのライフステージにおけるキャリアを構築しましょう。

このページのトップへ
このページのトップへ